ベストセラー著者が否認=顧客の脱税で初公判−さいたま地裁(時事通信)

 ベストセラー「借りたカネは返すな! 」の著者で顧客に脱税を指南したなどとして、所得税法と法人税法違反の罪に問われた経営コンサルタント会社「セントラル総合研究所」社長八木宏之被告(51)らの初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)であり、同被告は「違反した認識がありません」と起訴内容を否認した。
 弁護側は「起訴状の数字については争わないが、脱税とは評価しない」と主張した。
 所得税法違反罪に問われたゴルフ場経営者田久保守被告(72)ら3人と、法人税法違反で起訴された不動産会社「シャルマンリッチ」元副社長三條慶弥被告(50)はいずれも起訴事実を認めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕偽札の実態〜巧妙化する偽造手段
協力の元コンサル代表に実刑=キヤノン工事脱税
租税回避地から情報収集へ=英領ケイマン諸島と
2月税収4.3%減=マイナス幅は縮小傾向

「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
<村本さん死亡>撮影の映像に別の配信映像 日テレが誤使用(毎日新聞)
到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
PMDA審査体制など6項目を新たに提示―規制改革WG(医療介護CBニュース)
[PR]
by zypkgmkatj | 2010-04-21 14:26


<< 橋下新党に戦々恐々「黒船が来た... 堺の虐待死、母親の内縁の夫逮捕... >>