「天下国家は後回し」小沢氏、若手に苦言(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日夜、都内で開かれた同党の当選1回の衆院議員のパーティーで「最近の民主党若手は自分が天下国家を動かしているようなことばっかり言うけれども、そんなのを信用する奴がいるか」と苦言を呈した。さらに「私は田中角栄先生に『天下国家は逃げやせん。地元の有権者をしっかりととらえるのが若い議員の仕事だ』と言われて育った」と地元活動の必要性を強調した。

【関連記事】
小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言
いま「平成の保守合同」が必要だ
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
虐待が子供に与える「傷」とは?

大雨で1764世帯に避難勧告…兵庫・西脇市(読売新聞)
日本電気計器検定所など対象=公益法人の「仕分け」2日目―刷新会議(時事通信)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
<中野区長選>田中大輔氏が3選 東京(毎日新聞)
「天下国家は後回し」小沢氏、若手に苦言(産経新聞)
[PR]
by zypkgmkatj | 2010-05-27 10:21


<< <夫婦別姓>今国会提出求め議員... <ハンスト>茨城・入管センター... >>