自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策−環境省(時事通信)

 環境省は、二酸化炭素(CO2)の排出を抑えた公共交通機関の利用促進や未利用エネルギーの活用などを通じて、地域ぐるみで「温室効果ガス25%削減」に取り組む自治体を支援する「チャレンジ25地域づくり事業」を実施する。
 政府は、2020年までの国全体の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する方針を決めている。これを踏まえ同省は、自治体の温暖化対策支援を強化。モデル事業を通じて、地域でどのような対策を取れば「25%削減」を実現できるか探り、成功事例を他の自治体にも広げたい考えだ。
 対象自治体は公募で決める。3月上旬までに5、6自治体を選定する予定。応募する自治体には、温室効果ガス削減策を盛り込んだ計画を提出するよう求め、実現可能性や費用対効果などを基準に選定する。総事業費は40億円。 

【関連ニュース】
普天間、「前進」要請へ=12日の外相会談で米長官
インフラ整備支援で協力=インドネシアと協議へ
成長戦略の具体策を=早期自律回復には懐疑的
温室効果ガス「25%減」に理解求める=鳩山首相
所得補償法案、国会提出先送り=農水相

今日のランチ
タマの玉手箱
パチンコ攻略
モバイル ホームページ
自己破産
[PR]
by zypkgmkatj | 2010-01-13 02:56


<< 銅鏡出土 卑弥呼から直接授与か... 予算案、早期成立に全力=首相、... >>