<民主党>「社会的弱者」団体相次いで陳情 政権交代効果で(毎日新聞)

 社会に認知されていない病気の患者団体など「社会的弱者」とされる団体が13日、民主党に相次いで陳情した。

 「中国人強制連行・強制労働事件全国弁護団」は、国と協議する窓口を設けるよう要望。幹事長室の判断は「内閣府に国の政策として対応するよう求める」。高橋融弁護士は「自民党の有力議員に陳情しても、取り上げてくれることはなかった」と述べた。

 「軽度外傷性脳損傷友の会」の斎藤洋太郎事務局長は、世界保健機関(WHO)に診断基準があるのに国内では病気と認識されていない実情を訴えた。今野東副幹事長は「政府はこれまでも国際機関の勧告を受け入れず、私たちも壁を感じてきた。問題を広く知ってもらう必要がある」と応じ、「政権交代効果」を印象づけた。【鈴木直、朝日弘行】

【関連ニュース】
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取
鳩山首相:日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示
小沢幹事長:「首相の資格ない」弱気な一面も
鳩山首相:潘氏と電話協議 COP16に向け
小沢幹事長:土地購入問題で陳謝 違法性は否定

日本海側で暴風、九州でも積雪…空の便乱れる(読売新聞)
インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)
<修学旅行下見>小学校の先生、タクシーで往復7万3000円(毎日新聞)
「はたちの献血」に協力を=若者離れが課題−日赤(時事通信)
<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)
[PR]
by zypkgmkatj | 2010-01-16 04:20


<< <漁船不明>最後の無線連絡は「... 障害者自立支援法 違憲訴訟で国... >>